パソじゅく | 0からはじめるパソコン教室

Windows8.1 と Ubuntu のデュアルブートでやるといいこと。

Windows8.1 と Ubuntu(私の場合はLinax Mnt)を同じHDDにパーティションを分けてインストールしたのですが、Windowsしか起動しないという状況に陥りました。 以下の方法により暫定的にデュアルブートができるようになりましたが、Windowsブートマネージャを使用してのデュアルブートは出来ませんでした。 とりあえず自分用に備忘録も兼ねて記載します。 手順 1.Windows8のインストール(私はVaioのノートなのでクリーンインストールでなくリカバリです。) 2.ボリュームの圧縮。(コンパネ内の管理ツールから) 3.LinaxMint64bitのライブCD(64bitじゃないとEFI起動不可)で起動し、Gpartedで空き領域にパーティション作成。 4.LinuxMintのインストール(ブートローダーのインストールポイントはEFIパーティションとします) custom.cfgの作成

・インストールが完了したら、LinuxMint を起動。 ※ここでWindowsしか起動しない場合は、WindowsをShiftキーを押しながら再起動しましょう。

● /boot/grub/custom.cfg の作成
sudo nano  /boot/grub/custom.cfg
#This entry should work for any version of Windows installed for UEFI booting
menuentry "Windows (UEFI)" {
search --set=root --file /EFI/Microsoft/Boot/bootmgfw.efi
chainloader /EFI/Microsoft/Boot/bootmgfw.efi
}



 grub.cfgの再構成

update-grub


再起動すると、GRUBの一番下にWindows8(UEFI) があります。 ※この操作をしないと、GRUBからWindows8が起動しません。 ただし、この時点でWindowsを起動すると、Windowsしか起動しなくなります。 そこで、 bcdedit コマンドを使い、ブート設定を変更していきます。 コマンドプロンプトを管理者権限で実行 bcdedit /enum firmware 表示された項目のなかから ubuntu を探し、UUIDをメモします。 次にメモ帳等を起動し、下記のコマンドを貼り付けましょう。 bcdedit /set {fwbootmgr} DEFAULT {ここにさっきメモったUUIDを記入} ファイル>名前を付けて保存、ファイルの種類をすべてにし、ファイル名をbootreset.bat)にします。(.bat としないとバッチファイルじゃなくなりますので、必ず拡張子を .bat とします。 .bat の前はなんでもOKです。) そして、上記のバッチファイルをタスクスケジューラでスタートアップ時に管理権限で実行するように設定しましょう。 以上でダメなら更に下記のコマンドを実行します。 bcdedit /set {bootmgr} path ¥EFI¥ubuntu¥grubx64.efi これでダメならお手上げです。 この記事が同じ状況で困っている皆様の一助になれば幸いです。
 
Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterPrint this pageEmail this to someone

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です